都市インフラ

これまで、多くの前進的なインフラプロジェクトが取り組まれてきました。バス・ラピッド・トランジット・システムとメトロ建設プロジェクトは、既にジャイプルで施行されています。ジャイプル・リングロードやアマニシャー水路の再生といった多くのプロジェクトが進行中です。

当州の都市におけるインフラ開発の規模に見られるように、都市インフラには莫大な可能性があります。他の主要プロジェクトでは、JNNURMによる都市圏開発、医療廃棄物処理施設、廃棄物管理プロジェクトなどがあります。

当州政府は、アジア開発銀行(ADB)からの融資支援を伴う当州都市部開発プログラム(RUSDP - RUIDPの第3段階)を許可しました。RUSDPは、継続的な努力を通して、水の供給や、当州の選ばれた都市の居住者への総合衛生を含む下水管理において、サービス提供の改善を行います。

RUSDPは、2億5千万米ドルのプロジェクト用融資と2億5千万米ドルのプログラム用融資を含みます(総計: 5億米ドル)。プログラムの総規模は、州の共有を含めて6億1千万米ドルとなる予定です。

プロジェクトの融資金は、プロジェクト対象の6都市(ガンガナガル、ハヌマンガル、ジューンジュヌ、パリ、トーンク、ビルワラ)において、水供給網の改善と下水システムのために使用される予定です。プロジェクトの主な業務は、水供給網の改善、下水網と処理施設を含む下水システムの管理、水供給と下水処理における住居サービス対応、排水の再利用などに関係するものとなります。

以下もご参照ください: