観光事業

頑丈な砦と美しい城、湖、野生生物と野鳥保護区域、魅惑的な町、市場とお祭り、およびカラフルな文化が散在するラジャスタン州は、国内および海外旅行者の双方において、インド国内で最も人気の高い観光地の1つとなります。ロンリープラネット誌は、2013年度インド旅行賞における最も文化的な観光地として同州を選出しました。暦年の2013年において、3千173万名の旅行者がラージャスターン州を訪れました。

同州には、インド亜大陸においていつでも最高の評価を受けている、ランバーグ パレス、ラージヴィラス、ウダイビラスといった、多くの国際的最高級五つ星ホテルがあります。タージグループ、オベロイグループ、フェアモント、ITCホテル、ラディソン・ホテル、ホリデイ・イン、ル・メリディアン、マリオット、ヒルトンは、州内で営業を行う民間企業のごく一部となります。

けれども、観光旅行者の流入がこれまで増加していることから見れば、カテゴリーや価格条件に関連して、何千もの新しいホテルルームがまだ必要と言えます。温泉、秘境観光、キャンプやサファリ、会合、インセンティブ、エコツーリズム、会議、および展示会などといった、特別の観光旅行商品の開発における魅力ある機会も存在します。

当州の観光業政策であるラジャスタン州観光業政策2007は、観光事業の設定における様々な営業権や規定を伝えるものです。

ラジャスタン州における有名企業

以下もご参照ください: