窓口の一本化による投資認可

窓口の一本化は、企業家がそのプロジェクトへの法的許可を求める際に行う、州との相互対応において、単一ポイントによる祖互対応機構として機能します。政府方針を反映する形で、同システムは「当州・事業認可・単一窓口法2011」の制定に基づいて設立されました。

時代の流れに沿う形で、申請と監視の全体的対応は、「電子監視および認可・単一ポイントシステム」と呼ばれるウェブ用ソフトウェアを通して行えます。このウェブインターフェイスの使用を通して、企業家は、申請フォームの登録、記入、監視を電子的に行うことができます。申請フォームは同封書類とともに、対象の事業所へ郵送されなければいけません。

ラージャスターン州・事業認可・単一窓口法2011の際立った特徴

  • オンライン申請ではシステムを通して透明性を確保でき、迅速で期限に則った認可および許可を行うことができます。
  • 同システムによる申請は、1000万ルピーを超える投資が関与するプロジェクト全てにとって必須となります。
  • 許可委員会:
    • 県権能付与委員会(DEC)は、1000万ルピーから1億ルピーの投資提案に対応する機関であり、県長官がその長となります。県産業センター(DIC)はDECによる政策の施行機関です。
    • 州権能付与委員会(SEC)は、1億ルピーを超える投資提案に対応する機関であり、首席次官がその長となります。SECは許可および特別パッケージへの申請を調査し、閣議への推薦を行います。BIPはSECの施行機関です。
    • 担当役人は同施行機関で任命され、フォームの記入や手続き全体における引率において投資家を支えます。
    • 同施行機関および関連部署からの様々な認可や許可では、時間枠が定められています。
    • また、投資家は関連部署による拒否の決定に対して抗議する権利を有しています(州の権能付与委員会の開催前)。
    • DECまたはSECは、時間切れにおける検討および決定を行う権利を有します。

詳細はこちらをご覧ください。