戦略的立地と市場アクセス

ラジャスタン州の内8千380平方キロメートルはデリー首都圏(NCR)に属し、NCRの総面積の約24.5%を占めます。当州はインドの以下の5つの重要州と隣り合わせています: パンジャブ州、ハリヤーナー州、ウッタル・プラデシュ州、マディヤ・プラデシュ州、グジャラート州。当州の産業は、その莫大な市場アクセスという利点を有しています。

優れた交通の便

当州は、インド第2位の規模の国道網を有しており、その全長は7千310キロを超えます。国道を通して、デリー、アーメダバード、ヴァドーダラ、ムンバイ、ジャバルプル、ボパール、アグラ、グワリヤル、インドール、アムリトサルといった都市との間を、極めて便利に行き交うことが可能です。州内の道路の全長は、約19万5千850キロです。

同じく州内の鉄道路線の全長は、2012年3月時点で5千822キロでした。そのネットワークは、当州とインドのあらゆる主要都市をつなぐとともに、ムンバイ、及びグジャラート州カンドラ、ムンドラの港と当州をつなぐものとなります。

当州はジャイプルにフル稼働の国際空港を有し、そこからはドバイ、シャールジャ、マスカットへの直接便が運航しています。当州はジョードプル、ウダイプールに空港を有し、他の主要な県に飛行場を有しています。

ジャイプールの貨物航空ターミナル、および、ジャイプール、ジョドプール、コタ、ウダイプール、ビルワラ、ビワディの内陸コンテナ基地は、インド国内外との取引を支えます。