工場用地

ラジャスタン州は、地理的にインド最大の州であり、広大な土地を安価で提供します。ラジャスタン州産業開発・投資公社(RIICO)は、新規企業設立のために、トップクラスのインフラと関連支援を保証します。

工業化促進のために、同社は州内7万3千エーカーに渡って324の工業地域を開発しています。

特定産業のインフラニーズに対応した多目的産業パークも設立されています:

  • 農業食品パーク(コーター、ジョードプル、ガンガナガル、アルワル)
  • ストーンパーク(バラトプル、ジョードプル)
  • レザーパーク(ジャイプル)
  • ITパーク(ジャイプル、ジョードプル、アルワル)
  • バイオ技術パーク(ジャイプル)
  • 輸出促進産業パーク(ジャイプル、ジョードプル、アルワル)

RIICOは、その産業地域での天然ガスの使用の円滑化・促進を行うために、インドガス公社(GAIL)との共同事業計画に署名しました。RIICOは、天然ガスパイプラインおよびその分岐施設を敷設するための、土地と関連許可をGAILに提供する予定です。またRIICOは、既存の天然ガスパイプライン網の近辺に、新しい産業エリアを設立することを計画しています。それにより、エリア内の事業体にはガスベースの電力が提供される予定です。

日本専用工業団地

ニムラナ(アルワル)の日本特区は1千167エーカーにかけて広がり、そこでは日信工業、三井、新日鉄住金、ダイキン、TPR、三菱、トヨタ・キルロスカ・モーターといった日本の主要企業が、区画を割り当てられ、多くの事業体が既に稼働しています。ギロットでは、500エーカー以上に渡って、日本の異なる投資区域が開発されています。

韓国の産業区域

ラジャスタン州ニムラナの近くのギロットでは、韓国の産業特区が約263エーカーに渡って開発されています。同特区は、韓国の起業家を惹きつけ、インドと韓国間の貿易増加につながると予想されています。

経済特区

ラジャスタン州では、世界レベルの多製品対象経済特区(SEZ)であるマヒンドラ・ワールド・シティ(RIICOとマヒンドラ・グループのジョイントベンチャー)の傍に、宝石・ジュエリー(ジャイプル)および手工芸(ジョードプル)の経済特区が設けられています。