ラージャスターン州の 労働改革

ラージャスターン州政府は時々、労働者の利益と事業の行いやすさの適正なバランスを生み出すために、複数の政策調整に着手しています。成長と雇用を支え、世界を舞台とした生産力と競争性を保つため、既存の法の修正と免除が行われています。

労働法における修正は以下のものとなります

  • レイオフ、経費節減、閉鎖において取り扱われる労働者数の制限が、政府への許可申請に対応して、100名から300名に増加されました。
  • 労働組合の登録申請に必要な従業員数が、15%から30%に増加されました。
  • 2項-Aにおいて、労使紛争を起こすための期間が3年間に制限されました。
  • 動力を使用する製造事業体で10名、動力を使用しない製造事業体で20名とする、従業員数の既存の閾値が、それぞれ20名と40名に増加されました。
  • 認可取得のための従業員数の既存の閾値が20名から50名に改訂されました。
  • 実習生向けトレーニングを行う第三者に対して、従業員数が250名未満の事業体には設立資金の100%、従業員数が250名を超える事業体には設立資金の50%を還付することが認可されました。

ボイラー法1923に基づいて認可された免除措置

  • 7項(2)および7項(3)を通して、現在、所有者の選択した民間の有資格者が、部門検査官の代わりにボイラーの検査を行えるようになりました。
  • 7項(5)を通して、現在、部門検査官の代わりにボイラーを使用するための認可証を、民間の有資格者が発行できるようになりました。
  • 8項(5)を通して、現在、ボイラー使用に対する毎年の認可証の更新の必要がなくなりました。