投資家の経験

  • ジャイプールは、北部および西部の成長著しい市場への接続性、優れたインフラ、安価な開業・運営コスト、熟練したマンパワーの優位な活用性を伴う、事業拠点の代表地です。
    アナンド・マヒンドラ 会長兼社長マヒンドラ&マヒンドラ社
  • ラジャスタン州の都市では、資格を有した若いマンパワーの大きなプールと安い事業コストの活用が可能であり、その利点の融合はITおよびITeS企業に高い利益性をもたらします。インフォシスは、ジャイプールに拠点を開設して本当に良かったと感じており、同地での事業をさらに強化することを計画しています。
    S・D・シブラル インフォシス社・CEO兼社長
  • 当社のバンフォード会長は、新しい事業所の設立地として「ラジャスタン州を選ばない手はない」と私達に話しました。そこで当社は様々な州の中でもラジャスタン州を調査し、結局その州都であるジャイプールを選ぶことになりました。現地の交通の便は最高のものがあり、役所や行政は、許可の取得手続き全体において私達をとても積極的に支えてくれます。
    ヴィピン・ソンディ 社長JCBインディア・リミテッド
  • インドはオートバイの世界第2位の市場です。ラジャスタン州は、ホンダにとって、北部および西部への近接性と既存の施設に基づく、第2の製造施設の設立地域として、最もふさわしい州という結論に至りました。"
    V・スリダー 製造担当上級副社長ホンダ・モーターサイクル・アンド・スクーター・インディア社
  • ヒンダスタン・ジンクは、ラジャスタン州のランプラーアグチャで世界最大の亜鉛鉱山を開発しています。同州は、ベースメタルおよび貴金属の採掘において莫大な可能性を秘めています。"
    アニール・アグラワール 会長ベダンタ・グループ
  • 人的資源開発における州政府の方針には称賛すべきものがあり、その民間部門との関係は成功裏に進んでいます。私達は、州内での大学運営を通して、その取り組みに貢献できることに、喜びを感じています。
    アルセロール・ミッタル社会長 LNMIIT・ジャイプル理事長ラクシュミ・ミッタル
  • ラファージュは、ラジャスタン州の投資環境に大変満足しています。私達はまた、州の単一窓口認可システムを利用しましたが、それによりプロジェクトの効率的実行が多くの点で支えられることになりました。私達は、大きな支えとなっていただいた全ての州当局に加え、投資促進局にも感謝しなければいけないと感じています。同システムは、私達の全ての取扱品目に渡って、ラジャスタン州への投資におけるとても優れた事業基盤となっています。
    マーティン.・クリーグナー ラファージュ・インディア社・国別担当CEO
  • 当社のラジャスタン州でのプロジェクトは、サンゴバンの単一地域への投資として最大級のものの1つです。州政府には多大な歓迎を受け、プロジェクトの認可に伴って、すぐに協力的な対応をいただきました。
    サンゴバン社 総務部門・社長兼部門長ブノワ・ディリバルヌ
  • 当社は、第2番目の工場のための用地を決めるに当たり、世界水準の自動車部品メーカーに近接するとともに、ウッタル・プラデーシュ州のグレーター・ノイダにある当社の既存工場にほど近い、完全統合された自動車製造施設を収容できる場所を探していました。
    そして、土地区画のサイズ、既存および将来のインフラ支援、当社の計画とスケジュールに沿った対応が、最も重要となっていました。上記のあらゆる要件は、タプカラにおける包括パッケージによって、最適な形で実現されました。ラジャスタン州政府は、事業ニーズの解決と円滑化に対して、とても積極的で対応が早く、「パートナー」としての意識に富んでいます。
    ラーマン・クマール・シャルマ 上級副社長兼部門長ホンダ・シエルカーズインディア
  • 現在ラジャスタン州は、事業に親切な環境、安定したインフラ、市場へのアクセス性によって、自動車産業用地域として記録的な人気を誇っています。アイシャー・ポラリス社では、それらの全ての要因に基づいて、製造拠点設立場所をジャイプルに決めました。それにより当社には、従業員に質の高い生活を提供できるという利点も生み出されることとなりました。
    ラデシュ・ヴァーマ アイシャー・ポラリス有限会社・グルガオン本社・CEO
  • ヒーロー・モトコープ社は、ニームラーナに、第4番目の工場とグローバルパーツセンターを設立しました。クカスにおいては、試作品製造と製品設計用施設以外に、様々な種類の試験走路と複数の研究所を伴った、世界水準のグローバルイノベーションセンターを建設しています。
    魅力に満ちた将来プランを企画する世界規模の企業として、ヒーロー・モトコープ社は、その能力と容量を拡張する機会を継続的に探しています。ラジャスタン州の産業風土と政策は、とても魅力に満ちており、当社は同州を投資地域に選択するに至りました。
    パワン・ムンジャル 副会長兼社長ヒーロー・モトコープ社
  • 当社が投資のためにラジャスタン州を選択したのは、戦略的理由によるものでした。当社は、当州の成長の可能性と、同州からもたらされる優位な利点を、よく認識しています。同州との末永い相互利益関係を楽しみにしています。"
    窪明弘 前社長日信工業株式会社
  • 現在、日本からニムラナへの投資家は46社に上ります。その内40社は同地で既に事業を行っています。ダイキン、ユニ・チャーム、日信工業、三菱化学、三井化学等の大企業も名を連ねています。
    私は、ラジャスタン州が日本人にとって最も魅力ある投資地域の1つであると考えています。
    野口直良 ジェトロ・ニューデリー事務所・所長
  • マンガラの処理施設(ラジャスタン州)の開発規模とその達成は、当社の誇りとなっています。現在の1日の石油生産高は12万5千バレルであり、当社は同地での操業に対して楽観的な見方をもっています。同地の社会経済の発展に寄与できることを楽しみにしています。
    ラーフル・ディア 社長兼CEOケアン・インディア・リミテッド