工業用電力

工業、商業、世帯および農業における消費向けの電力利用が確実に増加する中、当州の総合発電容量は、2014年8月において1万5千メガワットを超えました(23%以上は再生エネルギー源から)。

民間部門が扱う容量は再生エネルギー源に基づき、それは新・再生可能エネルギー省が規制しています。風力、太陽光、バイオマスといった再生可能エネルギー源は、州政府によって活発に振興されています。再生可能エネルギー公社(PRECL)は、州内における再生可能エネルギー源によるエネルギー開発に向けられた実施機関です。

州の公共事業部門が所有する発電容量の構成比は、石炭ベースの発電所が71.20%、ガスベースの発電所が8.74%、水力発電所が19.46%、再生可能エネルギーによるものが0.60%となります。