医療

ラジャスタン州は、医療・保健機関や医科、歯科および救命医療の短期大学への民間からの投資のための機会を提供しています。

当州は医療・保健部門の促進に積極的に取り組んでいます。フォルティス病院、マニパル病院、EPCH、ナラヤナ・フルダヤラヤ総合病院、アラバリ病院、サントクバ・ドゥルラブジ記念病院、およびバグワン・マハバー・キャンサー・ホスピタル&リサーチ・センターの活動は、その取り組みを表すものとなります。

同州は、設定された基準と規範の枠組みの中で、高品質の保健機関の運営を促進するため、保険部門への民間投資を求めています。当州は現在既に主要観光地となっていますが、医療観光地としての発展の可能性を大きく秘めています。

以下もご参照ください: