電子システム設計・製造(ESDM)

ESDM部門はインドの新しいフロンティアへと成長しています。ラジャスタン州には、同部門における技能者を提供する準備が整っており、そのことは当州での事業立地、成長、および利益達成に関係した比類のない利点となります。

州内およびその近辺で成長を続ける莫大な自動車産業は、当州に設立されたESDM産業の成長における主要牽引力となります。また当州は、太陽光発電とセラミックおよびガラス部門において最も人気の高い事業地域となりつつあります。それらの産業における莫大な企業からのビジネス要求は、当州を拠点として選択するESDM事業者にとっての既存市場を構築することとなるでしょう。

ビワディー - ESDMの理想的エコシステム

ニューデリーのインディラ・ガンディー国際空港から約60キロに位置するビワディは、ESDMの拠点として開発されています。電力サブステーション、道路、下水、電力線といった基本インフラが、この地区で現在開発されています。

州のイニシアティブ

  • ソーラープル・カッシュケラ区画でのRIICOによる電子製造業クラスター(EMC)の設立のために、100エーカーの土地がインド電子部品工業会(ELCINA)に割り当てられています。
  • ウダイプールにあるカラドワス区画の125エーカーの土地は、 IT/ITeSおよび電子産業用の特別圏開発用に指定されています。
  • 3千エーカーに渡って広がる多製品対象経済特区(SEZ)のマヒンドラ・ワールド・シティが、ジャイプールに設立されました。
  • インド政府の計画である、修正特別インセンティブパッケージ(MSIPS)によって、ジャイプル、ビワディ、ニムラナ、ウダイプール、アジメール、コタが、ESDM事業用ブラウンフィールドEMCにおいて公認されました。

ラジャスタン州投資促進スキーム2014に基づくインセンティブ

  • 最低投資額: 250万ルピー
  • 最初の4年間に75%、続く3年間に60%、最後の3年間に50%の投資補助金を支給
  • 雇用創出用補助金として、10年間に渡って付加価値税と中央売上税の最大10%までを支給
  • 工場設立のために、資本財の入国税における50%の支払いを免除
  • 7年間において、電気税の50%の支払いを免除
  • 7年間において、土地税の50%の支払いを免除;
  • 7年間において、入湯税の50%の支払いを免除;
  • 印紙税の50%の支払いを免除
  • 為替手数料の50%の支払いを免除

以下もご参照ください: