防衛産業

インドの防衛産業は、世界で最も成長の早い防衛関連市場の1つです。インドの防衛関連市場は、過去10年間に渡って確固とした成長を遂げてきました。外国為替相場は、インド全体における対策と外国投資促進委員会(FIPB)による管理の結果、総合的に49%上昇しています。防衛産業は、当州への投資の促進および活性化の牽引部門の1つと見なされています。民間部門が防衛産業への投資を安心して行えるように、インド政府は以下のような措置を行っています:

  • 研究開発の促進
  • 高い水準の自立性
  • 現地化
  • 輸入代替

最近の連結予算発表によれば、防衛産業部門での研究開発に対して、技術開発資金として10億ルピーの割り当てが行われました。

当州政府は、防衛産業部門におけるインフラ、政策的枠組み、およびインセンティブ構造の強化に取り組んでいます。防衛産業施設の設立を助長奨励するため、RIICOは土地区画の特定を行っています。現在インド政府は「Make in India(インドで生産を)」キャンペーンの主要分野の1つである民間投資の流入を企図して、同部門を開放しており、当州は同部門への民間投資の誘致のために、様々な出資者および投資家との提携へ向けた努力を行っています。

以下もご参照ください: