農業および食品加工

農業に関係した気候条件に幅広いものがあるラジャスタン州では、様々な農作物が豊富に収穫されます。当州の面積はインドの10.4%を占めますが、その内51%は農地です。農業およびその関連事業は、当州のGDPの20.67%を占め、その就業人口は州の総就業人口の62%を占め、当州の生計は農業に依存していると言えます。2013年から2014年にかけて、州内の穀類の総生産高は1千998万8千トンと見積もられました。

同分野で主導的立場を占めるラジャスタン州

  • インド第4位の食用穀物生産地域
  • マスタード、グアー豆、モスビーンの最大生産地域
  • コロハ、コリアンダー、クミン、ファンネルといった香辛料の最大生産地域
  • グラムの第2位の生産地域
  • 油料種子全体の第2位の生産地域
  • 大豆で第3位、落花生で第4位の生産地域
  • 小麦で第4位、コースグレーンで最大の生産地域
  • 当州は、牛、羊、ラクダの保有頭数が最大という特性を有しています。当州はインド全体の内、牛で6.03%、水牛で10.55%、ヤギで15.31%、羊で16.11%、ラクダで81.62%を占めています。 同様に、牛乳で12%、ヤギ肉で35%、羊毛で40%を、インド全体の生産において占めています。高品質のカーペット用羊毛生産向けの8種類の羊、および3種類のヤギが牧畜として取り扱われています。

当州は、インドの食料消費において大きな割合を占める地域(NCR内およびその周辺)の大消費者市場に近接しています。

コタ、ジョードプル、 ガンガナガル、アルワルにおける農業食品パークのような収穫後の事業インフラが、RIICOによって開発されています。また当州は、有機農場や契約農場地域において、および、特殊倉庫、コールドチェーン、試験や認証用施設など、流通インフラにおいて、莫大な機会を提供します。

以下もご参照ください: